上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文定員となりましたので、申込み受付は終了させていただきました。
たくさんのお申込みありがとうございます。




3月13日はぼくの誕生日なのですがその日に京都でバクティヨガの

儀式をやります。

京都ではディクシャの流れは根付いていないと聞いていますが、本当に

一度もディクシャ会は行われなかったのでしょうか。

誰か京都の事情について詳しい方は教えてください。

京都でディクシャのムーブメントを根付かせるためにこのバクティヨガの儀式をやります。

ぜひ、関西圏のディクシャギバーの人たち京都に集まりディクシャのエネルギーを京都に

そそいでください。

バクティは献身、ヨガは結ぶという意味。

     人と神を結ぶ。

       ヨガと言っているけれども
          
          これはヨガのエクササイズではなく

     いわば、ヒンズー教5000年の歴史を

  儀式の中に凝縮したようなものです。

       いままでぼくは儀式に興味を持てなかったけれども

    今回2回やってみてそのすさまじいパワーに

         ビックラギョウテン。

     儀式に使うものを集めていくプロセスが

        エネルギ-を増幅していくのです。

            ですから、1時から祭壇の準備を始めるので

        そのプロセス自体に立ち会ってもらうと

    そのエネルギーが集まっていくところを

       感じることができると思います。

         バクティヨガのことを考えるだけで

    この文章を作っているだけで

       すごいエネルギーがきて

   バガヴァンが宇宙のブルドーザーだと

     言っていることを実感するううううううううう。

       これはディクシャギバー限定ですので

         ギバーのみなさんと一緒に

     この儀式を創りあげていきましょううウウウう。

儀式の終わりにはこの京都の地に

     光の柱を建てたいと思いまあああああああす。

       それと、参加する人は何でもいいですから

    例えば、花一輪、ひとにぎりのお米でも

       一切れの昆布でもケーキやおまんじゅうでも

    祭壇に置く神への捧げものを持って来てください。

      儀式終了後は捧げ物を持って帰って

         食べたり部屋に飾ったりして

          そのエネルギーを持ち帰ってください。

     祭壇にはたくさんのものを置けないので

        量ではなくその波動とエネルギーを

   運んでくるような気持ちで持ってきてください。


トレーナー ◎ シャンタン  

アシスタント ◎ TAKAKO

と き ◎ 3月13日(日)13:00~18:00くらい

       ☆この日はシャンタンの71歳の誕生日です!

ところ ◎ 京都市右京ふれあい文化会館 1階 和室(AとBの2室使用)

      〒616-8065 京都市右京区太秦安井西裏町11番地の6

      TEL (075)822‐3349
      
      *京都駅からJR嵯峨野線にて花園駅までは11分です
     
      *お車でお越しの場合は有料駐車場が隣接しています
      
      *近所には京都太秦(うずまさ)映画村
       
            木嶋坐天照御魂神社(蚕の社)
        
            太秦広隆寺や妙心寺などがあります    

募集人数  25名      

会 費 ◎ 2,000 縁 (資料代込)

持ち物 ◎ 前回バクティヨガコースを受けられた方は資料を

      ご持参ください

      飲み物(水)・ストールや膝掛けや小さめの
     
      ブランケットがあると便利です

       パドカやご自分の聖なるグッズ 何か捧げ物(少量)

服 装 ◎ 瞑想や軽くダンスしますので楽な服装

問合せ ◎ 080-3819-1380(☆ちえさん)または
        anand.shantam3@gmail.com

SOLD OUT



スポンサーサイト
NEXT Entry
【広島】バクティヨガ&ゆるゆる瞑想、ディクシャ,etc
NEW Topics
7/7 天河 ☆★アセンションプリーズ!愛の光の花開き☆★
【明石】6/19 四国を開くためのバクティヨガ1をやりまああああああす。
古い世界は終わろうとしている。
岡山】5月21日、22日ディクシャギバー養成アウェイクニングコースをやりまあああああす。
4月20日芦屋でゆるゆる瞑想とディクシャの集い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シャンタン

Author:シャンタン
ぼくは、永い間瞑想をしていたので、自分のからだを通してからだの健康について学んできました。

個人セッションを行っています。

まず、あなたのからだにあった診察、診断をします。

そして、その症状にあわせてカウンセリング、治療、ヒーリングをおこないます。

カウンセリングではあなたの悩みを聞きます。

また、からだのエネルギーを整えることによりからだに残っている
トラウマやチャージを解放します。

時間は約90分で料金は1万円です。

ご希望の方は電話ください。

TEL 090-3799-6424

連絡をください。


 お薦めサイト 

ブログ「いまここ塾」このブログは阿部敏郎さんの強いワンネスへのメッセージを持っています。
随(かんながら)神  
↑阿部敏郎さん自身の体験を基に描いた実名物語(裏ブログ)

ぼく、シャンタンがこの小説に出ています



devayoshiroさんのコメントです。

シャンタンの映像作品

彼は1960年代からアングラの前衛映像作家として活躍して、大阪万博のパビリオンのプロデュースをしたり、アンディ・ウォホールの大々的な展覧会のプロデュースを行ったりしてきました。

その後、環境ビデオの草分けとして、素晴らしい作品をいくつか制作されています。その頃に「ふきのとう」からアルバムビデオを制作依頼され、それだけはYouTubeにアップされています。

繊細で叙情的な歌は、その当時の時代性を感じさせてくれますね・・・

シャンタンの映像は、自然をとらえる美意識から生まれた素材に、
じつはかなりエフェクトをかけたり、合成したり、編集をしているけど、色彩感覚、構成感覚ともにバツグンのセンスなので、自然そのものの美しさにプラスされた仕上がりになっている。

こざかしいカット割りのようなマインドに訴えずに、ハートの琴線に触れる映像作品になっている。

これはたしか1988年に制作されたのかな?、
なので、もちろん画質はいまのようなハイビジョンとはいかないけど、その辺の技術的なことは致し方ないでしょう・・・

それでも、20年以上経っても映像作品は古くなっていないですね、さすが!

最近の彼のアート作品は(映像ではなく絵画、ビジュアル)はさらにヴィヴィッドになってきていますよ。
そのうちこちらもアップするかも・・・


最近はじめたツィッターです。
https://twitter.com/anandshantam

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。