上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~ゴールデンウィークのとき天河で,「目覚めの黄金時代」の幕開けを告げるメッセージが降りてくる~


 「天河大弁財天社」は日本のハートセンター☆⌒*

   その天河でシャンタンさんの「ゆるゆる瞑想」とナオさんの「オープンリーディング」のコラボレーション.


 「ゆるゆる瞑想」をしながら,「オープンリーディング」が行われます.

   日本人の心の中に響く,愛と光のメッセージを分かち合いましょう.

 
 GW:ゴールデンウィーク,天河での神集い,宇宙会議

    ―GA:ゴールデンエイジ(黄金時代)の幕開けはここから始まる.

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

〇日時:2011年5月1日(日) 13時ころスタート予定

          ~2日(月) 15時ころ終了予定

 食事を済ませて天河神社にお昼ころに集合

〇予定:

 初日:シャンタンさんとナオさんのコラボレーション

    「ゆるゆるボディワーク」+「オープンリーディング」=「目覚めの黄金時代の幕開けを告げる」

 二日目「バクティヨーガ」(ディクシャギバーのみ参加可能)

    インドと日本の伝統が時代を超えて融合する

〇参加費:

 A:二日間参加:¥20,000. (民宿一:泊二食+弁当つき)  

 B:初日のみ参加:¥10,000.(宿泊費¥7,500.くらいは別料金:申し込み必要)

 C:2日目のみ参加:¥10,000.(二日目の宿泊はご自身でご準備ください)

〇交通:

東京⇒京都(近鉄特急)⇒(橿原乗換え)下市口⇒天河神社(車での送迎を手配中)

〇定員:25名(予定)

〇申し込み:shukai755@msn.com(件名に「天河バクティ」と記してください:担当:河野)

 1.お名前
 2.連絡先
 3.住所
 4.参加形態:AまたはB
 5.宿泊予約:有または無
 6.性別(部屋割りのため)

◆東京方面からご参加の方で,お車でいらっしゃる方は相乗りで費用のシェアを考えていますので,その旨お知らせください.

◆通常,東京から天河神社までは車で約8時間かかります.渋滞も予想されるので前日出発なども視野に入れて相談しながらシェアしましょう☆

〇申込締切:2011年4月25日(月)

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

*「天河大弁財天社」:日本三大弁財天(奈良県の天河,滋賀県の竹生島,広島県の宮島)の第一.インドから来たサラスバティーが日本で初めて祀られた神社.

*サラスバティーは元インドの水の女神.その水の流れの音が,宇宙森羅万象を語る唄と捉えられて,後に音楽・芸術の神と崇められる.

スポンサーサイト
NEXT Entry
タイトルなし
NEW Topics
7/7 天河 ☆★アセンションプリーズ!愛の光の花開き☆★
【明石】6/19 四国を開くためのバクティヨガ1をやりまああああああす。
古い世界は終わろうとしている。
岡山】5月21日、22日ディクシャギバー養成アウェイクニングコースをやりまあああああす。
4月20日芦屋でゆるゆる瞑想とディクシャの集い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シャンタン

Author:シャンタン
ぼくは、永い間瞑想をしていたので、自分のからだを通してからだの健康について学んできました。

個人セッションを行っています。

まず、あなたのからだにあった診察、診断をします。

そして、その症状にあわせてカウンセリング、治療、ヒーリングをおこないます。

カウンセリングではあなたの悩みを聞きます。

また、からだのエネルギーを整えることによりからだに残っている
トラウマやチャージを解放します。

時間は約90分で料金は1万円です。

ご希望の方は電話ください。

TEL 090-3799-6424

連絡をください。


 お薦めサイト 

ブログ「いまここ塾」このブログは阿部敏郎さんの強いワンネスへのメッセージを持っています。
随(かんながら)神  
↑阿部敏郎さん自身の体験を基に描いた実名物語(裏ブログ)

ぼく、シャンタンがこの小説に出ています



devayoshiroさんのコメントです。

シャンタンの映像作品

彼は1960年代からアングラの前衛映像作家として活躍して、大阪万博のパビリオンのプロデュースをしたり、アンディ・ウォホールの大々的な展覧会のプロデュースを行ったりしてきました。

その後、環境ビデオの草分けとして、素晴らしい作品をいくつか制作されています。その頃に「ふきのとう」からアルバムビデオを制作依頼され、それだけはYouTubeにアップされています。

繊細で叙情的な歌は、その当時の時代性を感じさせてくれますね・・・

シャンタンの映像は、自然をとらえる美意識から生まれた素材に、
じつはかなりエフェクトをかけたり、合成したり、編集をしているけど、色彩感覚、構成感覚ともにバツグンのセンスなので、自然そのものの美しさにプラスされた仕上がりになっている。

こざかしいカット割りのようなマインドに訴えずに、ハートの琴線に触れる映像作品になっている。

これはたしか1988年に制作されたのかな?、
なので、もちろん画質はいまのようなハイビジョンとはいかないけど、その辺の技術的なことは致し方ないでしょう・・・

それでも、20年以上経っても映像作品は古くなっていないですね、さすが!

最近の彼のアート作品は(映像ではなく絵画、ビジュアル)はさらにヴィヴィッドになってきていますよ。
そのうちこちらもアップするかも・・・


最近はじめたツィッターです。
https://twitter.com/anandshantam

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。